Tの磁場

海洋アニメ

▼これだけは…、という煩雑なカテゴリー。ひとまずラフな概略だけです。欠落がかなり有るはずなので、ボツボツ埋めたいと思います。▲

◇TV編◇

【鉄腕アトム】1963年

【スーパージェッター】1965年

【宇宙エース】1965年

【戦え!オスパー】1965年
☆平和に海底ドームで暮らしていたムー大陸の人々だったが、悪人ドロメがドームを破り地上へ出る。あとを追ってオスパーも…。#1「海から来たふたりの少年」〜全52話。

【(ドルフィン王子)】1965年
☆「赤い渦の秘密」「海からの呼び声」「海星人の襲来」の3本のみ放映。「海底少年マリン」へと連なる。

【宇宙少年ソラン】1966年

【海賊王子】1966年

【がんばれ!マリンキッド】1966年
☆1クール13本が放映され、「海底少年マリン」へと連なる。

【黄金バット】1967年
☆アトランティス大陸の物語でもある(ゥワハハハ)。

【サイボーグ009】1968年

【妖怪人間ベム】1968年

【海底少年マリン】1969年
☆「がんばれ!マリンキッド」放映分をストック的に挿入し全36話。

【20世紀アワー 海底都市のできるまで・31年後の日本】1969年
☆45分の単発作品。原案・監修が手塚氏。海底都市建設を目指す山本氏の物語。紆余曲折の後、海底都市は1997年に完成する。音楽:山下毅雄、作画:木下蓮三,彦根範夫。

【魔法のマコちゃん】1970年

【海のトリトン】1972年
☆いまさらですが…(^_^;)。

【マジンガーZ】1972年

【科学忍者隊ガッチャマン】1972年

【0テスター】1973年

【ガンバの冒険】1975年

【イルカと少年】1975年

【未来少年コナン】1978年

【宝島】1978年

【宇宙空母ブルーノア】1979年
☆…誰が悪いとは言いませんが。

【サイボーグ009】1979年

【科学冒険隊タンサー5】1979年

【ムーの白鯨】1980年
☆(……)

【宇宙戦士バルディオス】1980年

【マリンスノーの伝説】1980年

【海底大戦争_愛の20000マイル】1981年

【ピュア島の仲間たち】1983年

【名探偵ホームズ】1984年

【サンゴ礁伝説_青い海のエルフィ】1986年

【ふしぎの海のナディア】1990年

【人魚姫マリーナの冒険】1991年

【七つの海のティコ】1994年

【怪盗セイントテール】1995年

【機動新世紀ガンダムX】1996年
☆白いイルカだ。オリジナル・ガンダムから思えば遠くへ来たもんだ。

【深海伝説マーメノイド】1997年
(先日、レンタル流れのビデオで、ようやく一部を観た。2009.02.02記)

【ピンカと海のお友達】1998年
☆???。

【ブレンパワード】1998年
☆監督・富野由悠季。全てを超越した圧倒的な存在が海に鎮座し、人類同士で海陸の勢力が対峙している世界。近代兵器は無用の長物と化し「借り物」での戦いが繰り広げられる。WOWOWでの放送の上ビデオも観れず、いずこからのレンタル落ちを通しで鑑賞できたのはつい最近です(10年遅れじゃ、トホホ)。

【BLUE GENDER】1999年
☆???。

【マーメイドメロディー_ぴちぴちピッチ】2003年

【FIRESTORM】2003年
☆原案はG. アンダーソン。CGとセルアニメという今どきな組み合わせ。

【高橋留美子劇場・人魚の森】2003年

【光と水のダフネDAPHNE IN THE BRILLIANT BLUE】2004年
☆海洋美少女アドベンチャーらしいのですが、スイマセン見てません。

【絢爛舞踏祭ザ・マーズ・デイブレイク】2004年
☆監督・森邦宏、キャラデザ・逢坂浩司、メカデザ・佐藤道明…。海に覆われ高湿な火星で巻き起こる物語。

【アクアキッズAqua Kids】2004年
☆監督・李達。陸のほとんどが水没した近未来の地球が舞台。「バブル・テクノロジー」を駆使した物語が展開される。

【タイドライン・ブルー】2005年
☆原作・小澤さとる、監督・飯田馬之介、作監・滝口禎一。ほとんどの作画作業はモニター上のような感じ。燃える氷惑星?に起因する大災害で、9割の陸と6割の人間が失われてから14年後の世界を舞台にした作品。それにしても、放映時間が午前3時というのは、如何なものかと。

【タクティカルロア】2006年
☆監督・ふじもとよしたか、総作監・伊藤岳史。定常化した巨大台風「グランドロア」による気候変動で海洋航路が見直された。それに伴って、新海賊が跋扈するようになった世界。民間所属の護衛艦に乗り込み、海賊に対抗する女性クルー達の物語。

【BLUE DROP〜天使たちの戯曲〜】2007年
☆監督・大倉雅彦、原作・吉富昭仁。短編作品の世界を拡張し、百合百合スーパー大戦となった作品。宇宙船が潜水艦にもなるという典型的な例。

【RD潜脳調査室】2008年
☆監督・古橋一浩、原案・士郎正宗。高度な仮想空間メタリアル・ネットワークを通じて、歪められた地球の生命力が噴出する現象「地球律」を解明する物語。

【この男子、人魚ひろいました。】2012年
☆監督・山本蒼美、OVAこの男シリーズ(♂+♂)の人魚もの。

【】20年
☆監督・、。

【】20年
☆監督・、。

【】20年
☆監督・、。

【】20年
☆監督・、。

◇劇場編◇

【悪魔の発明】Vnalez Zkazy〈チェコスロバキア〉 1958 年
監督/カレル・ゼマン
☆原作ヴェルヌ「悪魔の発明」。人形と実写の組み合わせによる海洋冒険ドラマ。

【盗まれた飛行船】The Stolen Airship〈チェコスロバキア〉 1966 年
監督/カレル・ゼマン
☆原作ヴェルヌ「十五少年漂流記」が原作だが、実際には5少年。ネモ艦長も登場する傑作冒険映画。

【秘密兵器リンペット】〈アメリカ〉1964年
監督:アーサー・ルビン
☆実写とアニメの合成。

【海底3万マイル】1970年
☆「トリトンと映画」参照

【空飛ぶゆうれい船】1969 年
☆「トリトンと映画」参照。

【どうぶつ宝島】1971年
☆監督・池田宏。ほとんど船上ではあるが、海賊映画という事で。

【アンデルセン童話_にんぎょ姫】1975年

【11ぴきのねこ】1980年

【対馬丸さようなら沖縄】1982年

【ドラえもん_のび太の海底鬼岩城】1983年

【名探偵ホームズ・海底の財宝】1984年
☆公開はこちらの方が早く、CVも異なっているので。

【せんすい艦に恋をしたクジラの話】1989年

【リトル・マーメイド】The Little Mermaid〈アメリカ〉 1989 年
監督/ジョン・マスカー
☆海の王トリトンの末娘アリエルの恋と活躍を描く。

【遠い海から来たCoo】1993年

【老人と海,ヘミングウェイ・ポートレイト】1999年
☆監督:アレクサンドル・ペトロフ。動く油絵。以前に観た「英雄時代」に匹敵するか、それ以上の美しさ。

【ソリトンの悪魔】2000年
☆監督・竹内啓雄、原作・梅原克文。入場無料の某映画祭で、大スクリーンで観た…。

【それいけ!アンパンマン_人魚姫のなみだ】2000年

【アトランティス・失われた帝国】2001年
☆海洋ものというには中途半端な気もするが…。

【WXIII 機動警察パトレイバー】2002年
☆う〜ん、海洋モンスターかな?という事で。

【ファインディングニモ】2003年

【イノセンス】2004年
☆終盤、バトーの海中からの殴り込みシークエンスだけですが…。

【ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ】2006年
☆監督・湯山邦彦。水ポケモンの頂点に立つべく生まれてくる「蒼海の王子マナフィ」をめぐるお話し。全編、海もののようで…。

【ケロロ軍曹2・深海(しんかい)のプリンセスであります!】2007年
☆監督・。水惑星から地球侵略に来たマロン星人の野望が萌える海洋アドベンチャー作品らしい…が、メインスタッフの名前ぐらい公式サイトに入れても良いのでは。

【崖の上のポニョ】 〈日本〉2008年
監督/宮崎駿
☆金魚姫ポニョと人間の少年の物語が、海を舞台に描かれる。管理人の予想以上に海洋冒険漫画映画になってしまった。

◇その他編◇

【人魚】1964年
☆製作は虫プロ、4分の短編作品。

【潜水艦カシオペア】1964年
☆製作は真鍋博、3分の短編作品。

【新海底2万マイル】1964年
☆窪詔之作画によるパイロット作品。

【人魚】〈ベルギー〉1968年
☆製作はラウル・セルヴェ、10分の短編作品。この作品を自宅で悠々と観る事ができる日がくるとは。

【灯台守】〈チェコ〉1968年
☆製作・イヴァン・レンチ、12分の短編人魚人形アニメ。

【沈黙の艦隊】1988年

【紺碧の艦隊】1990年

【うしおととら・あやかしの海】1993年

【B.B.フィッシュ】1994年
☆原作・きたがわ翔、同題コミックのアニメ化。水棲人の血が目覚めるとV-MAXが発動する。オリジナルのお話。

【新海底軍艦「滅亡へのゼロアワー」「メモリー・オブ・オーシャン」】1995〜1996年
☆監督・片山一良、福田己津夫。原作・押川春浪。オリジナル及び特撮映画とは別物でしょ。

【新 破裏拳ポリマー】1996年
☆タツノコ・ヒーロー、リメイク第3弾。ポリマーと冥王党の闘いを描いた作品。冥王党は地球環境を改変し、自らは両棲人間化を図って地球の覇者となる事を目論んでいた。続きは観た人が考えるべし。

【サブマリン707 深海の艦隊】1997年
☆先日、ようやくビデオを見た。後悔した。海底王国の女王が、クジラに憑依して助けを求めてくるというお話し。

【青の6号】1998年

【SiNK】1999年
☆製作・富岡聡、4分の短編。Wavy_Award_Japan'99で入賞した作品。一度観たら忘れられないでしょう(^_^)。

【海のオーロラ】2000年
☆監督・近藤勝也。マントルからやって来る未知のウイルスの恐怖。フル3Dアニメ…だが、この時期の作品は押し並べてシリアスな「ひょっこりひょうたん島」風ではある。

【BLUE REMAINS】2000年
☆監督・滝沢敏文,高林久弥、キャラデザイン・美樹本晴彦。西暦2142年の海を舞台にしたフル3D海洋アドベンチャー。AX誌の付録CDで予告を観た後は音沙汰なし。一応ビデオ化されているらしいが、姿を見た事なし(;~;)。

【サブマリン707R】2003年
☆監督・増尾昭一、原作・小澤さとる、メカデザイン・宮武一貴,そうま竜也、等々の超豪華スタッフ。

【SUBMARINE SUPER99】2003年

【スイスイ!フィジー!】2008年
☆ルーシー・カインズ作品のアニメ化。未見ですが、魚介キャラが楽しそうなので入れておこう。「Hooray for Fish!」というシリーズが「それゆけ!さかなくん」としてアニメ化される。

【つみきのいえ】2008年
☆監督・加藤久仁生。広島国際アニフェスのヒロシマ賞に続き、アカデミー賞短編アニメ部門も受賞。さらっと地球温暖化問題提起な内容。雰囲気は強いて言えば、「ヨコハマ買い出し紀行」のようなユルさ。

◇海洋?TV特撮編(付)◇

▼何も考えずに並べてます(^_^;;)。▲

【ナショナルキッド】1960年
☆何と言っても第二部のアンコウ型潜水艦でしょう。

【スーパーカー】1961年

【海底大戦争〜スティングレイ】1962年

【海底科学作戦 原子力潜水艦シービュー号】1964年

【サンダーバード】1964年

【ウルトラQ】1966年

【ウルトラマン】1966年

【ウルトラセブン】1967年

【仮面の忍者 赤影】1967年

【怪奇大作戦】1968年

【マイティジャック】1968年

【帰ってきたウルトラマン】1971年

【謎の円盤UFО】1972年

【ファイヤーマン】1973年

【ウルトラマンタロウ】1973年
「天国と地獄、島が動いた」

【日本沈没】1974年

【スーパーロボット マッハバロン】1974年

【ウルトラマンレオ】1974年
「よみがえる半魚人」「帰ってきたひげ船長!」

【仮面ライダーX】1974年

【恐竜探検隊ボーンフリー】1976年

【アトランティスから来た男】〈アメリカ〉1977年
☆「トリトンと映画」参照。

【バトルフィーバーJ】1979年

【シークエスト】〈アメリカ〉1993年
☆スペシャル版を含み57話が製作されているが、日本では全話放映はされていない模様。

【ウルトラマンパワード】1994年

【オーシャンガール】〈オーストラリア〉1993年?
☆日本放映は1996年、全52話?。

【】年

【】年

【】年

【ウルトラマンダイナ】1997年
「夢のとりで」

【ウルトラマンガイア】1998年
「妖光の海」

【ウルトラマンコスモス】2001年
「深海の死闘」「飛ぶクジラ」

【】年

【】年

【】年

【】年

【】年

【】年

【】年